取扱い方法

主に機械式時計がはじめての方むきのご説明になりますので、慣れておられる方においては色々な含蓄があるかと思いますがなにとぞご容赦ください。

ゼンマイの巻き上げ
手巻きや自動巻腕時計の手巻き機構付の場合にゼンマイを巻きあげて利用して頂くことになりますが、ゼンマイを巻き上げるというと

「一杯にゼンマイを巻いて下さい」が一般手に見受けられる使用方法になります。

もちろん毎日なるべく同じ時間に一杯にゼンマイを巻くことそのものは正しい利用方法となります。ただ、初めて手巻き式をご利用される方で発生するトラブル大多数を占める理由に巻き上げ過ぎによるゼンマイ切れがあります。

こうならない為にも、扱いに慣れるまでは巻き上げ時には抵抗を感じ始めたら、徐々に優しく巻き上げていき、巻き止まりを確認するか、または直前まで巻くようすることをお勧めします。

※当店にてお買い上げ頂いた機械式時計の初期動作不良の多くは、この状態が多々あります。

巻ききってしまった状態は大変申し訳ありませんがお客様の不注意によるものになりますので返品キャンセルは一切、お受けできませんのでご了承ください。

時刻合わせ
お使いの時計の時刻合わせを行う際には竜頭を回して時刻を合わせることになりますが、機械式時計、クォーツも含めかならず時計まわりに回して時刻を合わせるようにしてください。

特にアンティーク時計など反時計まわりで合わせようとすると秒針が変な動き方をする等、歯車が逆回転に対応しきれていないものも多々あります。
思わぬ故障の原因となりますのでお気を付けください。

尚、カレンダー機能付(DayDate含)で9時-12時の往復で合わせるものもありますがこの場合は15分から20分程度の逆回転は差支えのないように作られております。